セラピストの健康観

人間には顕在意識と潜在意識があると言われています。そして、潜在意識に自分が強く焼き付けた思いがそのまま現実となって現れると言います。

意識する心(顕在意識)で考えたことは、無意識の心(潜在意識)に沈み込み、その思考の性質に応じて創造していきます。

良い思考の種をまけば良い実が実り、悪い思考の種をまけば悪い実が実ります。

勿論、そうなるためのいくつかの条件(目標設定・焼付け度合い・エフィカシー維持など)が必要になりますが、認知不協和解消・創造力解放・コンフォートゾーン移動・スコトーマ消失などの過程を経て現実化すると最先端脳科学では述べています。

これは有名な人生の黄金率であり、宇宙と大自然の法則になります。この法則は健康管理にも利用できます。

心の健康が身体の健康を生むという意味になります。健康の観点から考えた場合、何かに頼るよりも自分自身の潜在能力(自然治癒力etc)を発動させることで、私たちの身体は新しい細胞へと蘇っていきます。

潜在能力を活用することで、充実した人生を創造することができるようになります。

しかし、現実的には精神的疲労や肉体疲労からは、潜在能力を引き出すことは容易ではありません。

肉体と心(意識)とエネルギーは連動しているため、肉体が怠く重い状態、心が病んでいる暗い状態でプラス思考を生み出すことは中々できないというのが現実ではないでしょうか。

精神的疲労や肉体的疲労状態は、気の観点から言えば気の消耗を引き起こしている状態になります。

精神的疲労や肉体的疲労の状態を改善するためには、肉体を充分弛緩させた後にエネルギー面からアプローチすることが一番効果的になります。

生命エネルギーが高まるということは、新しい自分を創造する力が高まるということを意味します。

言い換えれば、理性と知性を中心に頭脳を優先させるのではなく、エネルギー面(生命力)を先立たせることで、心の安定と平安さを感じさせて自然に思考の転換を誘導することになります。

雑念からの解放、無我の状態でプラス思考のスイッチに入れ替わり肯定的な種がまかれプラスの実を結ぶということに繋がります。

生命エネルギーが高まれば(精⇒気⇒神の順に練り上げます)、心(意識)も肉体も自ずと良い方向に動き出します。

気エネルギーを活用すると、精神面の安定が維持され、人生を楽しみながら感謝して幸福に生きることができるようになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP