健康長寿の秘訣

精・気・神は健康長寿の秘訣

東洋医学の源流である(皇帝内径)に、人体には精・気・神のの3つの宝物があると記されています。

精・気・神は生命の根源になり、この3つが均衡を成せば人間の精神が安定し、元気と精力が溢れ健康で長生きできます。

〝精〟は血液、精液、細胞など人体の基本物質を成し、〝気〟は肉体を生かして動かす力です。〝神〟は精神と思惟活動です。

人間は生まれた時から先天的な〝精〟を賦与され寿命が尽きるまで持っていますが、生きながら各種ストレスや疾病により〝精〟が枯渇したり損傷して実際に60歳も生きられない場合もあります。

従って、食べ物や修練を通して継続して元気を補充しなければなりません。気功修練し下丹田に気が集まれば熱い熱感が発生しますが、これが〝精〟を誕生させる信号です。

つまり、蓄気法に通じれば継続して〝精〟を誕生させながら健康を維持することができ、天寿を以上の寿命を延長させることができるのです。

〝精〟は〝気〟を誕生させ、〝気〟は〝神〟を誕生させる反面、〝神〟は〝気〟に変わり、〝気〟は〝精〟に変化したりもします。

勿論、天地の〝精〟であり、風は天地の〝気〟であり、火は天地の〝神〟であると言います。

また、人間は水を摂取し、それを〝精〟にし、風を摂取し〝気〟にし、火を摂取し〝神〟にします。

水がどこでも浸透しないところがないように〝精〟もまた人体のどこにも入りこめないところがなく通らないところがありません。

風は二つの気運がぶつかり起こるものであり、どんなものでも振動させないものがありません。人間の〝気〟もまた終わりなく人体を循環しながら全身に波動を与えます。

〝神〟もどこにでも行けます。

従って、精・気・神の三者を大切に感じて〝精〟を損傷させない生活をしなければならず、修練を通して丹田に蓄気するように努力しなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP